出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 狂言囃子 (はやし) で、めでたく、にぎやかな気分を表す笛の節。

  1. 民俗芸能で、風流 (ふりゅう) の行列などが練っていく途中、笛・太鼓・鉦 (かね) などで奏する囃子。

  1. (「砂切」とも書く)歌舞伎囃子の一。太鼓・大太鼓・能管で一幕の終わるごとに奏される。最終幕の大切 (おおぎり) には打たない。

  1. 寄席で、中入りのときに打つ太鼓。口上のときの幕開きにも使う。