しゃ‐さい【車載】 の意味

  1. 荷物などを車に積むこと。
  • 名詞

しゃ‐さい【車載】の慣用句

  1. しゃさいき【車載器】
    • 自動車内に設置し、車外との通信に使う電子機器。ETC車載器など。
  1. しゃさいとりょう【車載斗量】
    • 《「呉志」呉王権伝・注から。車に載せなければ運べず、一斗枡(ます)を使わないと量りきれない、の意》数がたいへん多いこと。転じて、多数いるが、みな平凡でとりえがないこと。
  1. しゃさいネットワーク【車載ネットワーク】
    • in-vehicle network》自動車に搭載される機器の制御に用いられるネットワーク。通常のコンピューターネットワークに比べ、耐ノイズ性と通信経路の冗長性が高い。また送信データの衝突を回避するため、あらかじめデータの優先度が付与されている。ECUの高度化と配線の複雑化に対応した、分散制御方式のCANLINFlexRayなどの通信規格がある。