出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 神社で、神に仕え、社務を執る者。神職。神官。神主 (かんぬし) 。やしろのつかさ。

  1. 旧制で、神職の職名。府県社・郷社の社掌 (しゃしょう) の上の位で、祭祀 (さいし) ・庶務を管理した。昭和21年(1946)廃止。

出典:青空文庫