出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 腹を立てる。おこる。憤慨する。「烈火のごとく―・る」

  1. 激しく動く。荒れ狂う。「波が―・る」

  1. 角張って、ごつごつしている。角立つ。「―・った肩」

    1. おこ(怒)る[用法]

[補説]本来、「角立つ」のをいう語。感情が角立てば、腹を立てる意にもなる。この意には、現在「おこる」が用いられるが、これは「起こる」と同源で、勢いが盛んになる意から、気持ちの高ぶるのをいうようになったものらしい。
[可能]いかれる