出典:デジタル大辞泉(小学館)

正岡子規の唱えた俳句・短歌の方法論。絵画の理論を移入し、実物・実景をありのままに具象的に写し取ること。子規以後、俳句では河東碧梧桐 (かわひがしへきごとう) 高浜虚子ら、短歌では伊藤左千夫長塚節 (ながつかたかし) 斎藤茂吉らによって理論的追求が行われ、散文では写生文として適応された。

[文学/明治以降の文学]カテゴリの言葉