出典:デジタル大辞泉(小学館)

チオシアン酸水銀を固めたもの。点火すると分解して容積を増し、炎と煙の中から褐色の灰が蛇のようにうねり出てくる。「ファラオの蛇」ともよばれ、花火に利用される。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉