出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、寛永寺または増上寺で幕府が大法会を行うとき、受刑者の親類から両寺に赦免願いを提出し、両寺がその人名や申し出事項を記載して寺社奉行に提出した帳簿。赦免すべき者に対しては、法会の場に召し出して赦免した。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉