あいづ‐やき〔あひづ‐〕【会津焼】 の意味

  1. 会津地方産の磁器。江戸前期の正保年間(1644~1648)に開窯。日用品が多い。本郷焼。若松焼。