出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 浄土宗の開祖法然が、阿弥陀仏以外の仏に対する功徳行を捨て、閉じ、自力を閣 (さしお) き、抛 (なげう) って念仏に帰せよと説いたもの。念仏以外の自力の修行を排撃したものとして、日蓮が浄土宗批判の標語とした。

  1. 捨てることを修飾していう語。

    1. 「有難き道を―と捨つるはいかに」〈浮・禁短気・二〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉