出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。五番目物。旅の僧が京都東山の泉涌寺 (せんにゅうじ) 仏舎利を拝んでいると、足疾鬼 (そくしつき) が舎利を奪って飛び去るが、韋駄天 (いだてん) が取り返す。