相手(あいて)のさする功名(こうみょう) の意味

  1. 自分の力によるのではなくて、相手の弱さや失策などのために思いがけなく立てる手柄。