出典:デジタル大辞泉(小学館)

手に金剛杵 (こんごうしょ) を持ち、仏法を守護する夜叉神 (やしゃじん) 。本来は一つの神格であるが、日本では多く二神一対として寺門の左右に置かれる。一般に半裸の力士形で、仁王ともいう。金剛神。金剛力士。密迹 (みっしゃく) 金剛。執金剛。持金剛。しっこんごうじん。→金剛力士

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉