じゅうさん‐がつ〔ジフサングワツ〕【十三月】 の意味

  1. 《12月の翌月の意》正月の異称。1月。
  1. ひと月の13倍。13か月。
  • 名詞

じゅうさん‐がつ〔ジフサングワツ〕【十三月】の慣用句

  1. 十三月なる顔付き
    • 《1年が13か月もあるように思っている顔つきとも、いつも正月のような顔つきともいう》のんきな顔つき。
      「工商の家に―かまへ、貧乏花盛り待つは今の事なるべし」〈浮・永代蔵・五〉