出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良の法相宗 (ほっそうしゅう) 菩提院で、明け七つ(午前4時頃)と暮れ六つ(午後6時頃)の時に、両方の時の数を合わせて13ついた鐘の音。13歳で鹿殺しの罪に問われた子を弔うための鐘という俗説がある。