出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「しゅうちかん」とも》明治12~36年(1879~1903)の間、徒刑流刑・終身懲役などの囚人を拘禁していた刑事施設の名称。以後は監獄とよばれるようになった。