出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、最も重んじられた14種の武芸。射・騎・棒・刀・抜刀 (いあい) ・撃剣・薙刀 (なぎなた) ・鎌・槍・鉄砲・石火箭 (いしびや) ・火箭 (ひや) ・捕縛 (とりで) ・拳 (やわら) 。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉