出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代の仏教書。10巻。空海著。天長7年(830)成立と推定される。「大日経」住心品の思想に基づいて、真言行者の住心(菩提心 (ぼだいしん) )の展開を10の段階に整理し、諸案批判とともに真言宗の最もすぐれていることを述べたもの。秘密曼荼羅 (まんだら) 十住心論。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉