出典:デジタル大辞泉(小学館)

裁判に必要な事実の認定について、証拠の評価を裁判官の判断にゆだねるという考え方。日本の民事刑事裁判では、この主義を採用。→法定証拠主義

[補説]日本の裁判員裁判では、裁判官と同様にそれぞれの裁判員も証拠の証明力を自由に評価することができる。