出典:デジタル大辞泉(小学館)

(ラテン)principium rationis sufficientis》論理学で、思考の原理の一。十分な理由なくしてはいかなる事実も成立せず、いかなる判断も真ではないという原理。ライプニッツによって初めて唱えられた。充足理由律。充足律。理由律。理由の原理。→思考の原理

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉