じゅうのう‐しゅぎ〔ヂユウノウ‐〕【重農主義】 の意味

  1. 18世紀後半、フランスのケネーなどの経済学者によって主張された経済思想および経済理論とそれに基づく政策。重商主義に反対し、国家の富の源泉は農業生産だけから生じるとした。フィジオクラシー。