出典:デジタル大辞泉(小学館)

朝廷から大師号を贈られた18人の高僧。天台宗の伝教 (でんぎょう) (最澄)・慈覚 (じかく) (円仁)・智証 (ちしょう) (円珍)・慈慧 (じえ) (良源)・慈摂 (じしょう) (真盛)・慈眼 (じげん) (天海)、真言宗の弘法 (こうぼう) (空海)・道興 (どうこう) (実慧)・法光 (ほうこう) (真雅)・本覚 (ほんがく) (益信)・理源 (りげん) (聖宝)・興教 (こうきょう) (覚鑁 (かくばん) )・月輪 (がちりん) (俊芿 (しゅんじょう) )、浄土真宗の見真 (けんしん) (親鸞 (しんらん) )・慧灯 (えとう) (蓮如 (れんにょ) )、曹洞宗 (そうとうしゅう) の承陽 (じょうよう) (道元)、浄土宗の円光 (えんこう) (源空)、融通念仏宗の聖応 (しょうおう) (良忍)の各大師。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉