出典:デジタル大辞泉(小学館)

昔、中国で行われた18種の武芸。矛 (てやり) ・鎚 (かなづち) ・弓・弩 (いしゆみ) ・銃 (ておの) ・鞭 (しない) ・簡 (むち) ・棒・剣・鏈 (くさり) ・朳 (くまで) ・斧 (おの) ・鉞 (まさかり) ・戈 (ほこ) ・戟 (ほこ) ・牌 (たて) ・鎗 (やり) ・檛 (なげほこ) のこと。転じて、武芸全般の意。