出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. いのち。たまのお。魂。ふつう「息の緒に」の形で、命のかぎりの意に用いる。

    1. 「―に思へば苦し玉の緒の絶えて乱れな知らば知るとも」〈・二七八八〉

  1. 息。

    1. 「―の苦しき時は鉦鼓こそ南無阿弥陀仏の声助けなれ/かねたたき」〈三十二番職人歌合〉