出典:デジタル大辞泉(小学館)

視野の周辺部についての視力。ある一点を凝視したとき、その周囲の部分を見る機能で、色覚は弱くなるが、弱い光を見る力はかえって強いといわれる。

[医学/人体]カテゴリの言葉