じゆう‐ほうそうだん〔ジイウハフサウダン〕【自由法曹団】 の意味

  1. 大正10年(1921)神戸の労働争議弾圧に対する調査と抗議運動を契機に結成された弁護士の団体。労働者・農民・勤労市民の権利の擁護をその活動方針とする。