じゆうほうにん‐しゅぎ〔ジイウハウニン‐〕【自由放任主義】 の意味

  1. 各自の自由に任せて、いっさい干渉しない考え方や立場。
  1. 経済については国家による統制や干渉を排除し、個人の自由な利益追求活動に任せるべきであるとする経済政策上の主義。18世紀に、フランスの重農主義者およびイギリスのアダム=スミスによって主張された。レッセ‐フェール