じゆうみんけん‐うんどう〔ジイウミンケン‐〕【自由民権運動】 の意味

  1. 明治前期、藩閥政治に反対して国民の自由と権利を要求した政治運動。明治7年(1874)の板垣退助らによる民撰議院設立建白書の提出に始まり、国会の開設を要求する運動として全国的に広がった。のち、自由党立憲改進党が結成され、組織的な運動を展開したが、福島事件秩父事件などが鎮圧されるなかで衰退していった。