出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 1文の10倍。

  1. 江戸時代、上方で、街頭に立つ最下級の娼婦の値段。また、その娼婦。惣嫁 (そうか) 。十文色 (じゅうもんいろ) 。

    1. 「定まりの―にて、各別のほり出しあり」〈浮・一代女・六〉