出典:デジタル大辞泉(小学館)

国つ罪の一。生きた人の肌に傷をつけること。→死に膚断ち

「国つ罪と、―、死に膚断ち」〈祝詞・六月晦大祓〉