出典:デジタル大辞泉(小学館)

化学的手法によって原料物質から目的の物質を取り出すとき、理論的に取り出せると仮定した量と実際に得られた量との割合。ふつう百分率で表す。工業的には歩止 (ぶど) まりともいう。