出典:デジタル大辞泉(小学館)

重力の小さい天体が、近傍を大きい天体が通過することで慣性軌道から離れること。太陽系では、外惑星軌道近くの小惑星などが外惑星の通過に伴い、軌道を乱されて太陽に引き込まれたり、逆に太陽系外縁にあるとされるオールトの雲や太陽系外にはじき出されたりする。