出典:デジタル大辞泉(小学館)

文法で、文や句の中で名詞代名詞などが述語に対して、その作用・性状の本体を表しているときの語格。現代日本語ではふつう、助詞「」が主格を示すのに用いられる。