出典:デジタル大辞泉(小学館)

subject

  1. ラテン語のsubjectum(下に置かれたもの)に由来し、スコラ哲学以来、18世紀ごろまでは性質・状態・作用を担う基体を意味した。近世以後は認識し行為する人間存在の中心である自我をいう。特にカントでは、先験的意識としての主観が設定された。⇔客観。→主体

  1. その人ひとりのものの見方。「できるだけ主観を排して評価する」⇔客観

出典:青空文庫