• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しゅく‐えき【宿駅】 の意味

  1. 街道の要所で、旅人の宿泊や、荷物運搬の人馬を中継ぎする設備のあった所。鎌倉時代以降発達した。宿場。しゅく。
  • しゅく‐えき【宿駅】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・も道玄坂といわず、また白金といわず、つまり東京市街の一端、あるいは甲州街道となり、あるいは青梅道となり、あるいは中原道となり、あるいは世田ヶ谷街道となりて、郊外の林地田圃に突入する処の、市街ともつかず宿駅ともつかず、一種の生活と一種の自然と・・・

      国木田独歩「武蔵野」

    • ・・・僕らがその夜、疲れた足を踏みのばして罪のない夢を結ぶを楽しんでいる宮地という宿駅もこの窪地にあるのである。

      国木田独歩「忘れえぬ人々」

    • ・・・先下りのなだらかな道を下へ下へとおりて行く、ある人はどこまでも同じ高さの峰伝いに安易な心を抱いて同じ麓の景色を眺めながら、思いがけない懸崖や深淵が路を遮る事の可能性などに心を騒がすようなことなしに夜の宿駅へ急いで行く。

      寺田寅彦「厄年と etc.」