出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本古来の山岳信仰と、仏教の密教道教などが結びついて平安末期に成立した宗教。役 (えん) の行者 (ぎょうじゃ) を初祖とする。霊験を得るための山中の修行と加持・祈祷 (きとう) ・呪術儀礼を主とする。室町期には、真言系の三宝院流(当山派)と天台系の聖護院流(本山派)の二派に分かれた。