出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. おもむき。意向。趣意。「いつもとは趣向の異なるパーティー」

  1. 味わいやおもしろみが出るように工夫すること。また、その工夫。「趣向を凝 (こ) らす」

    1. 「夫れから袴の股立を取て進退に都合の好いように―して」〈福沢福翁自伝

  1. 歌舞伎浄瑠璃で、戯曲の背景となる類型的な「世界5」に対して、戯曲に新しい変化を与えるための工夫。

  1. 俳諧で、句の構想。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉