出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代、守護国衙 (こくが) 領・荘園の年貢を一定額で請け負った制度。武士の侵略に苦しんだ荘園領主・知行国主が、守護にその経営を一任する代わりに一定の年貢の確保を図ったもの。