出典:デジタル大辞泉(小学館)

中世、守護から派遣されて、その領国で検断、判決の強制執行、段銭 (たんせん) の徴収などに当たった臨時の使者。守護所使。しゅごつかい。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉