じゅ‐し【呪師】 の意味

  1. 《「しゅし」とも》
  1. まじないをする職。呪禁 (じゅごん) 師。
  1. 法会に際して、加持祈祷 (きとう) など密教的な行法をする僧。法呪師。ずし。
  1. 法会のあとなどに2の行う行法の威力をわかりやすく演技で示す者。寺院に属する猿楽法師が担当した。呪師猿楽。のろんじ。ずし。
  • 名詞

じゅ‐し【呪師】の慣用句

  1. じゅしばしり【呪師走り】
    • 《「じゅしはしり」とも》
    • 呪師3によって演じられた芸能。平安中期から鎌倉中期にかけて盛行。曲芸・早業的な演技が中心で、敏速な動きが多かったのでこの称がある。ずしばしり。