出典:デジタル大辞泉(小学館)

主従の間柄には、現在だけでなく過去・未来にもわたる深い因縁があるものだということ。→親子は一世夫婦は二世