出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]
  1. とりわけすぐれているさま。格別。

    1. 「相談したれど別に―なる分別も出でず」〈露伴五重塔

  1. 心がけや行動などが感心なさま。けなげであるさま。「親に心配をかけまいとする殊勝な気持ち」「いやに殊勝なことを言う」

  1. 神々しいさま。心打たれるさま。

    1. 「いつもよりも一しほ今日は―には覚えぬか」〈虎明狂・釣針

[派生]しゅしょうがる[動ラ五]しゅしょうさ[名]

出典:gooニュース

出典:青空文庫