しゅ‐しん【珠心】 の意味

  1. 種子植物の胚珠 (はいしゅ) の中心にある組織。珠皮に包まれ、内部に胚嚢 (はいのう) ができる。