じゅずかけ‐ばと【数珠掛×鳩】 の意味

  1. ハト科の鳥。全身薄茶色で、くびの後ろに黒褐色の輪模様がある。古くから世界的に広く飼われていた家禽 (かきん) で、原産地は北アフリカとされる。