出典:デジタル大辞泉(小学館)

ドイツ北部、ニーダーザクセン州の工業都市。エルベ川の支流シュウィンゲ川沿いに位置し、中世には河港都市として栄えた。13世紀にハンザ同盟に加盟。三十年戦争の後、17世紀後半から18世紀初めまでスウェーデンの支配下に置かれた。市庁舎や木組み造りの民家をはじめ、歴史的建造物が数多く残っている。