出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 長く使っている間に、手のあぶらがついて自然に出たつや。転じて、故人が身近において愛用したもの。

  1. 手沢本」の略。