• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しゅち‐にくりん【酒池肉林】 の意味

  1. 《「史記」殷本紀の「酒を以て池となし、肉を懸けて林となす」から》酒や食べ物がふんだんにある、贅 (ぜい) を極めた酒宴。
  • しゅち‐にくりん【酒池肉林】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・輝くばかりで、やがて他の大一座が酒池肉林となっても、ここばかりは、畳に蕨が生えそうに見える。

      泉鏡花「燈明之巻」

    • ・・・これを喩えば、大廈高楼の盛宴に山海の珍味を列ね、酒池肉林の豪、糸竹管絃の興、善尽し美尽して客を饗応するその中に、主人は独り袒裼裸体なるが如し。

      福沢諭吉「日本男子論」