しゅっ‐か【出荷】 の意味

  1. [名](スル)荷を積み出すこと。特に、商品を市場に出すこと。「全国各地へ出荷する」
  • 名詞

しゅっ‐か【出荷】の慣用句

  1. しゅっかくみあい【出荷組合】
    • 農・漁・林業などの中小生産者が、出荷に伴う経費削減、販売の合理化、品質の維持などの目的で組織する組合。
  • しゅっ‐か【出荷】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・この前日、夫人像出来、道中安全、出荷という、はがきの通知をうけていた。

      泉鏡花「夫人利生記」