• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

じゅっ‐こう〔ジュクカウ〕【熟考】 の意味

  1. [名](スル)念を入れてよく考えること。熟慮。「熟考を重ねる」「熟考した上での行動」
  • 名詞
  • じゅっ‐こう〔ジュクカウ〕【熟考】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ とうさんがこの新しい方針を選んで進もうとするのは、いろいろ前途を熟考した上での結果です。

      島崎藤村「再婚について」

    • ・・・この一文にとりかかるため、私は、三夜、熟考した筈である。

      太宰治「創作余談」

    • ・・・しかしこれははたしてそうであるかどうか、よくよく熟考してみなければならないように私には思われる。

      寺田寅彦「物理学圏外の物理的現象」