出典:デジタル大辞泉(小学館)

浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。貞享2年(1685)大坂竹本座初演。幸若舞曲「景清」や謡曲「景清」「大仏供養」などをもとに脚色。近松が初世竹本義太夫のために書いた最初の作品。浄瑠璃史では、これ以前を古浄瑠璃、以後を当流浄瑠璃または新浄瑠璃とよぶ。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の作品]カテゴリの言葉