出典:デジタル大辞泉(小学館)

鉄分の多い粘土を焼いてつくる赤褐色の無釉 (むゆう) 陶器。中国、明代に、煎茶の流行に伴って宜興窯 (ぎこうよう) で創始された。急須・湯呑みを主とし、日本では常滑 (とこなめ) 伊部 (いんべ) ・四日市などで産する。→紫泥 (しでい) 白泥 (はくでい)